鉄骨の新築・耐震補強・解体工事はお任せ下さい!愛知・岐阜・三重(東海地方)

トップ > Q&A > よくある質問 > 鳶職人の「三種の神器」とは?

鳶職人の「三種の神器」とは?

鳶工の仕事で「三種の神器」と聞きますが、仕事内容を具体的に教えてください。

鳶職にとって三種の神器と言われている資格は「足場」「玉掛け」「鉄骨」の3つです。

「三種の神器」の足場・玉掛け・鉄骨について説明致します。

鳶職人にとって上記の資格がないと、いくら現場で経験をつんで腕があっても、素人扱いされてしまう場合もあるほど重要な資格です。

 

「玉掛け」とは?

クレーンなどで荷を吊るす時に必要な資格です。
ワイヤーロープなどを荷にかける作業を「玉掛け」と言い、外す作業を「玉外し」と言います。
この2つの作業は「玉掛け」の資格が必要です。

 

「足場」とは?

足場の組立て等作業主任者という「足場の免許」と言われる資格です。
取得には、足場作業3年以上が条件とされています。吊り足場、張り出し足場、又高さ5メートル以上の足場の組立て・解体、変更の作業には、足場の免許の有資格者を配置することが法律によって義務付けられています。

 

「鉄骨」とは?

鉄骨建方に絶対必要不可欠な資格です。
「建築物等の鉄骨組立て等作業主任者」という資格です。取得するには、鉄骨に関する作業の経験が3年以上が条件となります。高さ5メートル以上の鉄骨の建築物、鉄塔の組立解体、変更の作業には、鉄骨組立て等作業主任者の有資格者を配置することが法律によって義務付けられています。

 

上記以外にも資格・免許もあります。

  • 国家試験である「とび技能士」免許
    都道府県知事が実施している技能検定です。
    この資格を取得することは「国に認められた鳶職人」ということになります。
  • 一級とび技能士
    ※独立するためには、一級とび技能士が必要です。
  • 二級とび技能士
  • 三級とび技能士

 

 

鳶工の仕事で「三種の神器」とよばれるほど、鳶職人にとってなくてはならない資格のことを言います。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら