鉄骨の新築・耐震補強・解体工事はお任せ下さい!愛知・岐阜・三重(東海地方)

トップ > 鉄骨の新築

鉄骨の新築

花形作業「鉄骨建方」「玉掛け」もお任せください

 

 

鉄骨建築

オフィスビルから工場、倉庫に至るまで幅広い鉄骨建築に対応しています。

鉄骨の孔開け、切断加工、開先加工、仮組み、大組、溶接、と鉄骨建築工事全般を請け負っています。

モリタ技建では安全面にも非常に力を入れており、事故や災害ゼロを目指して施工しております。工事関係者がお取引先は、公共事業や民間にいたるまでさまざまなお客さまがいます。

 

 

鳶職人の仕事とは?

鳶職人は、鉄骨を組み立てる作業を「鉄骨建方」と言います。
建築現場においては、一番難しい作業です。

 

「鉄骨建方」は、2つの作業に分けられます

鉄骨建方は「下まわり(地走り)」と「取り付け」に分かれ、作業を行います。

簡単に言うと・・・

  • 「下まわり」は、荷を吊るための段取りを行う
  • 「取り付け」は、吊ってきた鉄骨を高い所に設置する

 

下まわり作業のメインは「玉掛け」作業

「玉掛け」とは、クレーンなどで吊り上げるために荷にワイヤーを取り付ける作業のことです。玉掛けは、最も危険で難しい作業です。取付作業がしやすいようにしたり、高さをずらして一度に多くの荷を吊ったり、現場の状況や建物の形に合わせて、一番良い方法で行わなくてはいけません。
また、吊り上げる前の事前準備として、上部でいかにスピーディーに効率良く作業ができるかを考え、高い場所での作業を少なくするために、落下物に備えてのネットを張ったり、安全帯や親綱も欠かせません。
自分たちだけでなく一つ間違えば、大事故や死亡事故にもなりかねません。吊るし始める前準備から、高所での設置終了まで油断はできない、大変で責任のある仕事です。

 

「鉄骨建方」を成功させるには

鉄骨建方を成功させるには、梁の「取付け」作業も重要です。
「玉掛け」を無事に終えるには、取付けが効率よく・確実におさめるかが鍵となります。柱が少しでも傾ていたり、ボルトの接合部分に少しでもズレが生じれば、綺麗におさまらないためかなりの技術と経験が必要です。
高い所になればなるほど、条件も厳しくなるため「正確さ」と「スピード」が求められます。

 

鉄骨建築ならお任せください。

株式会社モリタ技建は、一般住宅からオフィスビル、店舗建築、工場・倉庫の建築まで全て施工出来ます。また高速道路の鉄骨架台など公共事業も請け負っています。

 

dsc_0052

 

お問い合わせはこちら